WHS2011:ハードディスクを追加したりパーティション切り直したり

引き続きWHS2011ネタです。
RAIDカードのドライバを読み込ませるのにてこずりつつそれ以外特に書くことがなかったインストールを終えたので、データをドカンと保存するためのハードディスクを追加しました。

まずHDDをケースに乗せたらRAIDカードに接続して…と思ったら使用している3.5インチHDDを5インチベイにマウントするリムーバブルラックがケーブル直付けなので、これをなんとかしないと繋がらないのでした(カード側はマルチレーン×4が1ポートでSAS→SATAケーブルで4分岐している)。
どうしたかといえば、ラックに直付けされているケーブルがネジ止めだったのでとりあえずケーブルを外してからHDDを入れておきました。これだとリムーバブルにならないわけですが仕方ないね、などと思いつつ2TBのHDD×2個でRAID0を設定。
…SATAの延長ケーブルの短いのを間に挟めばよかったかも、とこれを書いているときに気づきました。

さて一部の環境依存な前置きはここまでとしてWHS2011への追加です。
これを書いている時点ではもう設定しちゃった後なので細かいことは端折りますが、ダッシュボードからの操作で追加したHDDにフォーマットをかけると1パーティションが2TB以下になるように自動的にパーティションを切ってくれました。RAID0した意味がない!
ので、コンピュータの管理のディスクの管理で1個のパーティションに切りなおしておきました。

なお2TB以下に自動分割されるのは、サーバーバックアップの対象にできるのが2TB以下のドライブ(パーティション)だから、のようです。

ついでと言っては何ですが、余っていたHDDを使ってサーバーバックアップの設定も(システム領域の入っているHDDはRAID1してるのに)してみました。
特に悩むこともなく、バックアップ先のドライブとバックアップ対象(システム領域だとかサーバーフォルダーだとか)を選んだら、バックアップする時間を設定するだけでした。
なおサーバーバックアップのバックアップ先として設定したドライブは、通常のドライブとは異なりエクスプローラからは見えないようになっています。ダッシュボードでもサーバーバックアップとして他のハードドライブとは別枠で表示されています。

話が前後しますが、バックアップを設定する前にサーバーフォルダー(デフォルトで設定されている共有フォルダとか)をどのドライブに配置するか、の設定をしておいた方が幸せになれる気がします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック