viliv S5:ソフトキーボードのスキンを痛くしてみた

vilivのソフトウェアキーボードは、キーとして表示されるデータがBMP形式の画像ファイルになっているので、この画像ファイルを差し替えることでスキンの変更が可能です。
具体的には、
C:\Program Files\vilivSoftKeyboard\res\1024x600\jp
の中に入っているBMP画像を差し替えればいいわけです。
というわけで、変更してみました。
クリプトンのサイトで配布されているSDミクとロゴ使用。

変更後のスクリーンショット


これ、キー1個ずつに対して、キーを押していない状態とキーを押した後の状態をそれぞれ用意が必要なんです。
キーは全部で65個あるので、65個×2で130個。
1個ずつ用意する、なんてことはしないで、大きな画像をツールで分割するにしても、通常より大きいキーの対応とか、ファイル名変更とかを個別にやるのはメンドイのでなるべくやりたくない・・。

というわけで、ImageMagickのCLIを叩くバッチファイルを作って処理させました。

念のため処理の概要を述べると、バラバラでないキーボード画像(キー押下前と後の2種)に対して任意の画像を合成した上で、1キーごとに分割しつつ正しいファイル名を与えるという、あまり工夫のない内容です。


ちなみに、キーボード画像は自作しようかとも思いましたが、メンドウになったのでこれもImageMagickでデフォルトのキーの画像を結合して1枚絵を作りました。
結合後はこんな感じになります(1024x600の場合)。

キーボード画像ファイル・キー押下前


キーボード画像ファイル・キー押下後


なんとなく一応縮小してありますが、実際には924x350の画像です。

とまぁそんなわけで、キーボード画像と合成する画像を用意すれば、いくらでもバリエーションが増やせるようになりました。
分割前の画像をいくつか(こちらも縮小して)載せてみます。

作例1


作例2


作例4


作例5



正直、キーボードが足りません。

そしてこんな調子で元画像を作っていたら、さくっと半日くらいが過ぎていきました。
背景の除去メンドイw


以下、元画像について。
作例4つから。
咲音メイコのロゴはニコ動sm2959231(↓の動画)から、それ以外はProjectDIVAのスクリーンショットを使用。
©SEGA とか書いておけばOKなのでしょうか。
冒頭の画像。
壁紙はProjectDIVA(のアンケートに答えるともらえる)なのできっと©SEGA。
「初音ミク」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の著作物です。
© Crypton Future Media, Inc.


この記事へのコメント

Chris
2010年05月01日 13:14
お~いいですねぇ
配布は・・・してないんですか?
一番上のミク欲しい~~
2010年05月04日 03:16
Chrisさん
デフォルトキーボードも合成している絵も私の著作物ではありませんので、スキンとして使用可能な形での画像の配布は遠慮させていただいています。
ごめんなさい。

この記事へのトラックバック